どこ行こう

北海道の暮らしの中から、おいしい気持ち・おいしい場所・おいしい食べ物・お気に入りの雑貨を紹介します。

レストラン ランファン・キ・レーヴ

 先日、祖母と母と姉の女4人で札幌モエレ沼公園にあるレストラン「ランファン・キ・レーヴ」へランチに行ってきました。公園の中でもシンボル的建物であるガラスのピラミッドにあるレストランです。テーブルの準備が整うまで、暖炉のあるウエイティング・スペースに通されます。ここにはウエグナーの作品でしょうか、Yチェアの背もたれがないペーパーコードの椅子が置かれていて素敵です。(店内の写真ですが、少し暗くて雰囲気をお伝えできないのが残念です。)





前菜






道産有機野菜のグリル(2人分)


舞茸の香り高いスープ


メインディッシュは子羊


洋なしのムースとグレープフルーツのジュレ


クレープとショコラアイス


お茶とプチスイーツ

価格設定は3つあって、私たちは真ん中の3500円のコースをお願いしました。

 出てくるものがどれもこれもおいしく、量は多くないけれどとてもおなかがいっぱいになりました。時の流れをゆったりと感じながらの久しぶりのお食事となりました。

 公園内はとても広く、水遊びも出来、家族連れで遊ぶにはもってこいの場所です。ランチボックスを売る売店もあって気軽に来られそう。今度は家族で遊びに来ようね。子供の面倒を見てくれた夫に感謝の日でした。

レストラン「ランファン・キ・レーヴ」




[レストラン ランファン・キ・レーヴ]の続きを読む
  1. 2006/11/26(日) 19:29:47|
  2. そとごはん|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

はじめまして

 パネトーネを焼いてみました。

 パンが焼ける香りは、温かくって幸せな気持ちにさせてくれます。このブログもそんな雰囲気が出せればいいな。これからよろしくお願いします    今回のパネトーネは初めてパネトーネマザーを使って焼いてみました。レシピをネットで検索して挑戦してみましたが、イーストと違うところは発酵時間がイーストよりも時間がかかること、その目安は発酵させながら加減を見てすること、でしょう。参考にしたレシピには「発酵する前の嵩に印を付けると良い」と書いてありました。それをしておくと目安になると思います。    パネトーネマザーはイーストほど香りがしませんが、生地がへたらないほどのちょうどよい固さに焼き上がりましたよ。数日経っても柔らかいという情報もありましたが、夫は赤ワインとともに、息子は遊びの合間にパクつき、あっという間になくなってしまいました
  1. 2006/11/26(日) 00:51:56|
  2. パンもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:200