どこ行こう

北海道の暮らしの中から、おいしい気持ち・おいしい場所・おいしい食べ物・お気に入りの雑貨を紹介します。

季節が変わりました

 北海道十勝も「とかち晴れ」が多く見られるようになってきました。

 この頃は家の中が楽しくなり、お出かけも前ほどしなくなりました。新しい風に吹かれなければと急に思い立ち、ブログだけでも少し旅に出てみようと思います。

 書いていることは相変わらずですが、違った所で発信していきたいと思います。

 よろしかったら新しい旅先でもおつきあい下さいませ。

 尚、旅行先も昔の名前で出ています

 旅行先アドレス http://dokoikou.blog.shinobi.jp/
         
  1. 2007/06/01(金) 12:32:55|
  2. おもうこと|
  3. トラックバック:13|
  4. コメント:89

中華料理 玉林酒家

 札幌の地下鉄栄町駅ができた頃を良く覚えています。始発に乗ったとクラスメイトが学校に遅れて来ていました。そんな物に何故乗りたいのか、さっぱりわからない私でしたが、そんな思い出でもない限り、覚えていることはなかったでしょうね。

 そんな思い出のある地下鉄栄町駅。いつの間にかダイエーの中に入っていたヤマダ電機がなくなり、あまり利用しなくなりました。ただし、ここを除いては。


中国風の店構え 
看板の右手には「日本 札幌」の文字 当たり前だけど不思議な感じ・・・

 中国一級料理人がいるという中華料理「玉林酒家」です。できた当時はなんだか怪しい雰囲気になかなか入ることができなかったのですが、実家の近くにあり、両親が「おいしいよ」と言ったことをきっかけに、利用するようになりました。

 本当はお店(ランチや週末の夕食時は混んでる混んでる)で出来たてを食べたいのですが、子供がいるので出来上がり時間を指定してお持ち帰りをすることが多いです。特に実家でお客様がいらっしゃるとか、「中華食べたいね」という時には良いお店です。私が注文のをすると頼みすぎて、すごいことになるのですが・・・

 私のお薦めは少々お高いですが豚の角煮。鶏の唐揚げは初めて食べた時に「こんなにジューシィー!」と思うほどでしたが、最近はジューシィー度が低くなってきました。両親は麻婆豆腐派。お店でのランチで麻婆豆腐を頼むと、1人では食べきれないくらいの量が出てくるそうです。更にランチにはお茶とコーヒー飲み放題ですよ。

 またお店では刀削麺という包丁で削るように麺をゆで釜に入れてゆでる珍しい麺が食べられることでも有名です。

玉林酒家
 
  1. 2007/05/31(木) 10:09:56|
  2. そとごはん|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:0

ドイツパン

 ブログタイトルが「どこ行こう」なのに、パンばかり焼いている私。夫の仕事が休日にもあったため(珍しい!)、週末はまたパン焼きでした。

 プレゼントして好評なのがこのパンです。私はハード系のパンを毎朝食べるのでどうしてもシンプルなパンが多くなりがちですが、プレゼント用に一つ固定したレシピがあれば良いなあと思っていました。



 このパンは皮が柔らかいです。温度によって違いが出るのでしょうが、レシピ通りに焼いてみると、皮が柔らかいのに口の中に主張せずにパクパクいけます。

 味見を・・・と思って切っていたら、半分食べていました。材料を載せておきます。オススメです。因みにミックスフルーツはラム酒に漬け込んだ物を使っています。

 ドイツパン
・強力粉・・・300g  ・ドライイースト(耐糖性だと)・・・6g
・砂糖・・・9g  ・塩・・・5g  ・ぬるま湯・・・180g  ・バタ・・・20g
・ミックスフルーツ・・・カップ1  ・ゴマ・・・適量
・(ライ麦50g入れてもおいしいです)

 HBで一次発酵までさせる。好きな大きさに分けてガス抜きをし、二次発酵40度で40分。クープを入れて180度で20分〜好みの焼き具合になったらできあがり。   

  1. 2007/05/28(月) 22:55:15|
  2. パンもの|
  3. トラックバック:6|
  4. コメント:0

COSINEのドレスラック

 最近、人気が出てきた旭川家具です。その波が私の実家にも押し寄せたみたい。

 実家に帰ったら、どこかで見たことのあるドレスハンガーが置いてありました。時間が経つと良い色になるだろうなあと思わせる風合い。「う〜ん、どこのだったかなあ」と思っていたら、付いていましたよCOSINEのロゴが。

 cosineは、家具の生産地旭川で出る端材を活用して素敵な家具小物を作っています。雑誌でも取り上げられて、その雑誌の特注の品も作製しています。また、カンディハウスとも仲が良いということです。木の風合いを大切にする所は似ていますよね。

 私の両親は、このドレスハンガーに合わせて、木のハンガーを掛けています。やはり針金ハンガーよりもずっとお似合いです。

 いつか「このドレスハンガー必要じゃなくなったから、持って行っていいよ」と言われる日が来るまで、このタイプのハンガーの購入は我慢我慢


革も木も飴色になるのが楽しみです


主張しない場所にマークがあります


cosine
  1. 2007/05/27(日) 12:12:49|
  2. 家具もの|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:1

くるみバター






 GWに嬬恋温泉で宿泊した後、長野へ向かう途中のレストハウスで見つけたのは「くるみバター」です。ナッツ類が好きで自分で作るクッキーにはナッツを入れる私。迷わずお土産にしました。

 表示を見ないで買ってしまったのもあるのですが、頭っからバターにくるみをすりつぶした物を混ぜてあると思っていました。帰ってきてから塗ってみると「ちが〜う!」です。







 それもそのはず原材料表示を見ると、くるみとお砂糖に蜂蜜です。でも蜂蜜が入っているからと言って伸びが良いかというとそうでもなく、なかなか薄くは塗れない固さです。

 ほんのり甘さがあり、くるみの香ばしさもまあまあ・・・です。パンケーキに塗るならバターの上に塗った方がおいしさが倍増するでしょう。

 買ったところで食べたソフトクリームは北海道のソフトクリームと比べても遜色なくおいしい物でした。
 
 また、そのレストハウスには遊び場があり、4歳児が「みんなあ!遊ぼうよ〜」と、駆けだして行ってしまったのも併せて良い思い出です。

  1. 2007/05/26(土) 00:13:00|
  2. そとごはん|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:1
次のページ